記事の文章と画像

ここでは、記事の文章と画像 に関する情報を紹介しています。
ライターになる腕試し♪



ブログでプチライター稼業
ネットライターの必須♪



※ イーバンク銀行
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■記事の文章と画像について

さて、昨日仕上げた記事の一部より、今日はこんなことについてお話したいと思っています。

それは・・・・

記事作成と括って言っても、文章力だけでなく、画像デザイン力も必要な場合がある。

と言う事デス。

どういうことか。

最近デジカメの普及により、記事依頼では良くあることで、記事は文章と、画像を文章の間に組み込んだもの、などという依頼が多くありますよね。

文章作成に関しては、この依頼には、メリットがあるのです。

それは、書く文章と、画像が、より近いものになる。そして、レイアウトを自分で決めることになるので、文章区切り目が、自由になって、文章のイメージが良くなる。

しかし、ライターとして、文章は当たり前ですが、画像に関しては、結構難しいものがあります。

特に画像は、記事の文章内容を、一新出来るほどの力を持っています。

いくら良い文章を書いていても、画像がよくなければ、台無しです。

下手な画像はもとより、記事とマッチしていない画像、ライターのイメージと合っていない画像を添付していたのでは、その場では、なんとかOKを貰っても、次の仕事へのダメージが出てきてしまいます。

これは、実はライターにとってやっかいな事なんです。

デザイン力がなければ、文章が良くても、良い記事に見えなくなるんですから。

だから、報酬にとらわれず、自信がなければ、画像ナシの記事依頼を受けるべきデス。

また、しっかりとしたライターになりたいのなら、デジカメの使い方はもちろん、なんですが、こんなソフトウェアも使えた方がいいでしょう。

Adobe Photoshop (写真加工ソフト)

Adobe Illustrator (イラスト作成、レイアウトソフト)

まあ、言うなれば、ライターの記事作成は文章作成だけでなく、画像作成、もしくは、ページ全体の作成も出来た方が、仕事分野が多いというわけです。

特に、フリーライターとして活躍したいなら、いろいろな事が出来た方が、正直いいですよ^^;

はっきり言って、文章だけでいきたいなら、今の時代からでは、小説家などからのスタートしか、仕事はあまりありません。

最近では、デジカメの一般的な普及、そしてその画像が、高画質になったこともあり、自分で撮ったものを記事に添付、レイアウトして、仕上げる記事作成の仕事がライター分野でも、多くなってきていますので。

電子化も進んでいますしね^^;

その辺は、意外に盲点な部分ですので、時間があったり、何をしていいのかわからない、という人は、デジタル的なその辺を勉強するといいでしょう♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。